​Profile

profile2

Flower Artist

​SATOKO 

​花を選び、飾る人

野にある美しい花々を 独特の審美眼で選び束ね
もと在った姿より以上に美しく
活き活きと装うことのできる人こそ
真の花装飾家と言えるでしょう

既成の枠にとらわれず
その人その時その場にふさわしい、
最高の輝きをもたらす術(すべ)を持ち
色かたち種類などあらゆる素材の花たちを自由にあやつり、
印象深く人の記憶に残るスタイリッシュでエレガントな
花の表情を作り出します


 〜 それが satokoの世界  
                                                                  by 氷野深霧

La vie avec les fleurs

<プロフィール>

神奈川県葉山町出身。学業を終え、ファッションの世界へ。様々な異国の芸術文化に触れることで独自の美意識を育み、やがて花の世界へ。

1996年 自宅にてアトリエをオープン。同年、逗子マリーナにアトリエを移転。

「ホテル音羽の森」をはじめ湘南のホテルやゲストハウスなど,中でもこだわりのあるお客様を担当し、数多くのウエディングの会場装花を手がける。

2002年 銀座の老舗百貨店と契約を結び、現在もオリジナル高級花ギフトを担当、外商のお客様にも対応し小型から大型の特注品も作成、商品に合わせたコラボレート花もプロディース。

2004年 辻堂にアトリエを移転。初心者からプロ(お花屋さん)も通えるフラワースクールもオープンさせ惜しみなくその技術を指導伝授、育成。各メディア(雑誌、新聞、WEBなど)から要請され、花のスタイリング&撮影にも応え、店舗や大手モデルハウス ・ルームの装花にも企画から従事。山手西洋館、三渓園、料亭など横浜のウエディング事業に従事。

​2013年住商アーバン開発(株)「湘南テラスモール・北アトリウム」にてフラワーデモンストレーションを披露、同時に、大人も子供も参加できるワークショップも開催。

2015年「LIGHT BOX STUDIO AOYAMA」にて初個展「TOBIRA」を発表。1枚200kg程の生花とレザー&リアルファーのタペストリーを6点展示。

2017年 映画「クロス」のポスターにモノクロタペストリー作品が起用される。

2018年 スクールを閉校し、都内にアトリエを移転。映画のキャラクターやサーキット、某ホテルをイメージした作品を製作するなど作品の幅を広げる。

<主な活動内容>

・花の製作・販売・卸(生花、プリザーブドフラワー、アーティフィシャルフラワー)

・花関連の印刷物

 

<雑誌・メディア>

​・(株)ハースト婦人画報社「25ansウエディング」, 「ウエディングの花飾り」

,・(株)KADOKAWA「花時間」「ブーケ&花飾り」「贈り物美人」

・(株)フォーシーズンズプレス「BestFlowerArrangement」,

・(株)日経BP「おとなのOFF」

(株)扶桑社「ESSE」

・(株)イコル「NYレポートFlower&Fashion」「simple LOHAS,  

・ NHK『野菜の時間」